読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170316

◼︎人を好きになった時過去から前に進む。
カルテットが最高に面白いです。毎回グッとくる言葉がいっぱいあってカルテットbotにいいねを押しまくってしまいました。調子に乗って最高の離婚を見直しているわたしです、瑛太の演技がピカイチのドラマ、、、。
Twitterで知ったとあるブログがとても素晴らしいカルテットの感想を書いているので知らなかった人はぜひ読んでください。これを読んで一話分完結できる感あります。9話の感想、宮崎駿からの引用の文章も良いです。

http://hiko1985.hatenablog.com/

 

 

◼︎十人十色
って突き詰めると自分の首を締めますね。十人十色って誰でも知っている言葉で、一期一会と並ぶレベルで小学生が座右の銘にしがちな四字熟語だと思います(かく言う私も座右の銘にしていたような気がします)。十人十色って、つまり、私たち他人はどうせ他人なんだから理解できないことがあっても「うん、確かにそういう人もいるよね」の一言で片付けることだと思います。割り切れないことも、自分なりに相手の事情を考え、許したりして。で、相手のことが許せなくなると、自分はなんて心が狭いんだと自己嫌悪に陥ったりして。そうこう繰り返しているうちに、何がダメで何が良くて、何を叱るべきなのか分からなくなってきて、十人十色なはずなのに、いつのまにか自分は周りの色になじむように努めていたりする。段階ごとに気づけたらいいけど、それも難しいんだろう。大人になっていく段階の宿命なのか、だったら大人になりたくないですね。
信じられないくらいムカついて傷ついたときはあいつは頭がおかしいんだあいつは頭がおかしいんだ私が正常って思わないとやってけないですよね、あれ、これもひっくり返せば十人十色かな。

 


◼︎高校
高1のときだけ同じクラスになって、二学期後半くらいから仲良くなった曽根と母校に合格報告へ。何も変わってなかった、制服の子たちのハイソックスがくるぶし丈になっていたくらいです。先生も校舎も、中庭もプレハブも、何も変わってなかった。曽根が藝大に受かったついでの私、でしたが皆さんあたたかく迎えてくれて先生っていいな〜〜と言う気持ちしか生まれませんでした。やっぱり何かを教えてくれる立場にいる大人の存在は凄いです、高円寺時代はそういう大人は身近にいなかったし、教わったことといえば「女は愛嬌と演技よ」ということくらいです。

 

◼︎これはいつかの羽多野さんの真似
あと半月で大学生活が始まるなんて未だに信じがたいです。正式な身分をもらうのが久々でちょっと息苦しい。伊坂の砂漠をまた再読したけど、やっぱりあの大学生活いいよなあ、西嶋みたいなひといないかな、ってやっぱり思っちゃいますね。こちらも読んだことのないひとは是非、です。

 

砂漠 (新潮文庫)

砂漠 (新潮文庫)

 

 

 

長いな。

20170310

堕落した1日の夕方。
というか、この一週間毎日予定が入ってるのは何かの間違いなのか、というくらいの珍しい多忙ぶり。家でゴロゴロしてるのが好きな身としては、なかなかに家にいたい、そんな毎日。でも昨日も一昨日もその前の日も、今日も明日も、楽しみな予定だし、会いたいひとだし会いたかったひとなので、心は全く疲れず寧ろ栄養をもらっているような感覚です。


2年前(なのがもう恐怖)にやっていたタンブラーやらブログやらを読み返してみると、捻くれてるけどなんでこんな文章かけてるのかなあ、と思う。私なのか、はたして。歌詞とか見ても、思うね同じことを。ツイッターはなんか怖くてほぼ投稿せず下書きだし、呟いても5分以内に消してしまうことが多くある。でもわたしはインスタグラムもツイッターフェイスブックもやっていて、それに加えタンブラーをもやっているようなSNSお化けであるから不思議。よく受験中SNSを我慢していられたなあと思う。みんなの近況を知るのが大好きです。


さて、本日、何をしていたかというと、月曜から夜ふかしが録画されていてそれを炬燵で3.4本連続で見て、その後水曜どうでしょうを見、そしてパソコンに移動し、ツイッターのプロフィールに頭を悩ませ、カルテット批評のめちゃくちゃ面白いブログを読み(その人のただの日記にも目を通してしまう始末)、春と修羅を読む。これで18時になりました。おそろしい。にしてもマツコは本当に面白い。


受験が終わってから自由にできる時間は沢山あるのに、これと言って何かをしたわけでもない。左手の指先は少し硬くなってきたけど、それがどうというわけでもない。ツタヤで5枚1000円のキャンペーンをしていたからとりあえず借りてウォークマンにいれたけど、何から聴いていいのかよくわからない、そんな状況です(伝わる?)。

みんなの夢の話を最近よく聞く。キラキラしていて本当にかっこいい。その夢をわたしも近くで見ていられたらいいです。がんばろうっと。


あっという間に船橋だ〜、早いものだ。電車は捗るね。もんじゃ食べてきます。

20170307

f:id:qicmip:20170319135142j:image

1年ぶりに下北沢ベースメントバーへ。去年の2月同じ場所で活動休止の自主企画に出てくれたふたり、羊文学のはいじちゃんの弾き語りとOrigamiJPの大野さんの新しいバンドNarciaを見に。

続けることは、とても怖いし勇気がいることで、わたしはそれにきづかないで止めてしまった。でも続けないとなにもないし続けるからみえるものもたくさんある、逆もあるだろうけど。

止めてしまって、後悔し続けた1年間で、やめたからには勉強しなきゃと必死でした。つらくてこわいのにそれでもまだ続けたいのは、なぜなのかまだわたしにはわからないけど、きょう感じた気持ちたちは嘘ではないなとおもう、のです。


わたしはまたがんばりたい。まだがんばりたい。

にしても、まえは20分で行けてた下北が終電気にして早めに帰るくらいな場所になってて悲しいなあ〜!

 

soundcloud.com

ひっそり公開してもうすぐ2年ですが、誰かが毎日聞いてくれているようでゆっくりゆっくり1000回にいきそう、またカバーから始めよう

1年間、

勉強机と向き合ってる間はやりたいことが沢山あったのに、いざ終わると殆ど忘れてしまった。

とりあえず図書館という便利な場所で本を借り、Netflixとアマゾンプライムという便利なもので映画を見てる。といってもまだ映画はセッションとリリーのすべてしか見られていない。

 

 

 

 




入学までに出来る限り読んでおきたい、見ておきたい作品がいっぱいあることに気づいた。文豪とか、名作とか、知識を一応蓄積しておきたい、と焦る日々です。

ブログ、前やってた時から思ってたけど、私が書くと晴天も曇天になってしまうというか、なんとなく重い雰囲気になるのをどうにかやめたいんだけど、顔文字とか使うべき?(^O^☆♪




、、やめよ。


意外に見た人がいたと判明し、めちゃくちゃ臆病なので怯えてます。が、こういうの発信していた方が、出会いたい人達と出会えるんだろうな〜、なんて利害を考えつつ、逃げないように頑張りますね。色々なことをめんどくさがらず、丁寧に生きていきたいですこれからは。同い年との生活の差に焦りと戸惑いはやっぱり隠せないけど、わたしはわたしの人生を精一杯生きるよ。わーい。