足音

 3つ前の記事が青森のことだったので、流石に書こうと思い立って書き出した。夏の影が近づいて来た時はすごくわくわくしてたけど、いざ夏がやってくると暑くてたまりません。毎年こんなに暑かったか、と思っている。日記をどんな気持ちで書いていたのか全く思い出せないから、とりあえず近況でも書く。

 

 金曜5限と土曜の授業をやすんで、実家に帰った。休んだのは両親には内緒だ。帰りたくなったのは突然来た夏にたえられなくなってしまったからかもしれない。バイトも授業もない二連休は久々だったし、実家に帰ったから夏休みみたいだった。実家暮らしのひとがうらやましくなるときと、一人暮らしじゃないと無理だと思う時がある。かえるいえが二つあると、心の余裕がすこしふえるかも、とも少し思う。電車内で夏を思い出す本を読んだ。

 夕食のリクエストをして、「プラムとさくらんぼがあるよー!」という返信をもらう。それだけで実家って最高・・・と思う。家に帰って、母のご飯を食べて、お酒を飲んで、お腹がいっぱいになりながら、1年前には私の部屋だった場所で電気についたシールを見ながら眠った。

f:id:qicmip:20180703002158j:image

 土曜日は朝から同市にある美術館に行った。時間がなかったから、庭だけ見たけどとっても広かった、東京ドーム何個分って数えられるんじゃないかと思った。ガチョウとか、白鳥とか、紫陽花とか、蓮とか、ホトトギスとか、セミとか、カエルとか、いっぱいいた。いっぱい写真を撮れた。お昼にはそうめんを食べて、おなかがいっぱいになったからお昼寝をした。窓から入る風が気持ちよかった。ひまだったからクッキーをやいたりして、夜は家族全員で父の日のプレゼントがわりに集合した。なんでもないような話をたくさんしたけど、楽しかった。わたしはもう今年で23だけど、いつまでも末っ子で入れるから嬉しい。終始お腹いっぱい。お土産にきんつばをもらった。

 日曜日は柴又に行った。もう何度目かわからないくらいの柴又だけど、いつものように帝釈天に行って、とらやでご飯を食べて、寅さん記念館に行って、江戸川の河川敷でやすんだ。父のことが恋しくなった時は、『男はつらいよ』を見るのが常だ。父ってたまに、寅さんのことを真似することがあるな、と思う。帝釈天で写真を撮ったのだけど、岩瀬のライカとわたしのコンタックスで色味が全然違ったので載せておきます。1枚目がライカ、2枚目がコンタックス。そのあとは東京駅でフィルムを現像に出して、夏の旅行の会議をした。

f:id:qicmip:20180703002223j:image
f:id:qicmip:20180703002219j:image

 今日は早起きをして、洗濯物を干して、学校に行った。月曜は小説の授業が2つ。本キャンと文キャン。本キャンより文キャンの方が暑い気がする。はやくアリーナ?の木が生い茂って欲しい。苔とかも生えてドダイトスみたいになればいいのに、と思う。

 某教授の授業が2週間ぶりにあった。わたしは文ジャの教授たちをある種信頼していたみたいで、結構悲しくなってしまったんだけど、ようやくちゃんと怒る感情が湧いて来たところだ。のこった教授たちは大変だと思う。どこかのゼミには所属したいから考えている。

 

 です。家に着いたらまた昼寝をしてしまった。実家からお米が送られて来て、一緒に入っているツナとか、お菓子をみて、もう実家に帰りたくなる。いい具合にあの家には私の部屋がなくなってしまったから、逆によかったな、と思った。あと1ヶ月、夏休みまでレポート地獄だけどどうにか乗り切って頑張ります。岸田繁の声に涙が出そうだ。夏バテには気をつけましょう、クーラーは我慢するもんじゃない、と言い訳を残しておきます。

 

ひと段落

ついた。私の通っている大学は新歓期というものがあって、サークルに参加している学生たちは4・5月は新入生をいれようと躍起になる。学生による学生のためのイベントである。(サークルによって5月末まで新歓期の場合もある事実が恐ろしい)4月頭の1週間、大学構内は凄まじいもので、なんなんだこの最低な場所は・・・と思わざるを得ない。あの中に楽しみを見出している人たちは本当にすごいと思った(皮肉ではない)。「勧誘」という目的があると、会話をしなければならないのでいつも緊張した。昨日のライブと飲み会は楽しかった、あまり新歓はできてないけど

f:id:qicmip:20180423143221j:image

 最近は朝日新聞のアプリをスマートフォンにいれた。なぜ朝日新聞かというとわたしの叔父が有料会員だからである。それだけ。まだ、おじちゃんにお礼を言っていないや。全面を読むわけではないけど、無知過ぎるのが恥ずかしいので暇なときに流し読みしたいと思う。

 おじと言えば、以前ジャックタチの『mon oncle』をみた。あの家はセットではなく建設したらしく、撮影後に取り壊してしまったらしい。残していて欲しかった。コミカルと風刺が混在していてよかった。夏目漱石の『吾輩は猫である』もコミカルと風刺が混在している。今日授業でこの作品を取り扱っていたけど、時代背景や流行した言葉、女性観などを理解していないと深く理解もできず、特有のギャグみたいなものもわからなくて寂しくなってしまった。漱石オタクの教授も「猫はきっと死ぬまで全部理解できないね」と言っていた。そういう話を聞いていると、今の世相とかを風刺した作品を観たり読んだりできるのは平成を生きている唯一の特権なのではと思った。そういう作品がどれくらいあるのかもわからないし、100年先に研究者ができてる作品が今存在しているのかもわからないものだが、平成に作られた作品でクスッと笑えるときもあるので、昔のものだけではなく現在進行形の作品もきちんと触れたいと思った。映画とかにトランプっぽいのが出てくると少しアガる。しんちゃんの映画とかその時のギャルとかギャグとかがいっぱいでてくるな、おもえば

 

 ブログにみんなの実名をだしたいのだけど、みんな嫌がるかなと思ってためらっている。面白かった話とかいっぱいあるから、記しておきたい。少し名前をもじって偽名みたいにするか、と思ったけど二次創作みたいになりそうなのでやめた。固有名詞がある歌詞とか小説は、なんかわからんけど良い。想像しやすいのか、身近な気持ちになるのか、前にヒコさんがブログに詳しいことを書いていたので、ぜひ。

 

hiko1985.hatenablog.com

 実は今日頗る体調が悪くて2限後家に帰ってきてしまった。悪寒と関節痛がすごいのだがインフルエンザにでもなるのか?このまま死ぬんか、生きるんか?辛くて授業にいけなかったのにアルバイトにいかなければならないのでしょうか。新しく家にきたでかいクマのぬいぐるみと少し眠ろうと思う。どうやら頭がぼーっとしてる時ほどブログは書きやすいらしい。

 一人暮らしをしている学生の皆々様、家具を買い足したりしていますか?これまでなぜか、「家具って買い足したら実家に戻った時邪魔だよなあ」という思考に陥っていたのだけど、よく考えれば3年後に卒業したところで実家に戻るとも思えない。そうです。あれ、これ別に家具買えるんじゃないの、と気づいてしまったのです。家具とは言わないまでも、何故か今住んでいる家を快適にするグッズたちを(スポンジ置きとかS字フックとかそのレベル)買い足すことさえ渋っていた自分が急にバカらしくなった。というわけで、少しクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)が向上したわけであります。やったね。マジ便利だね、世の生活グッズたちは。ありがとうございます。

 最近は映画もみてないし本も読んでない。特に何もしてないという感じです。こうして春休みがすぎて行ってしまうのは悲しいな。最近読んだ本といえば吉本ばななのアムリタと中原中也詩集くらいだろうか。映画をみ始めても時間がなくなって途中でやめてしまっている。あとめぞん一刻を読んだ。

f:id:qicmip:20180310105704j:image

 成績が発表された。思ったより高かったし、高評価をなかなかとれないという科目で高評価をとれたので嬉しかった。やっぱりレポートのほうが成績がいい。2年次から文芸・ジャーナリズムに進むことになった。文ジャでなにがしたいかなあと考えた時に、詩の勉強がしたいと思ったのだけど(なるべく現代詩)、シラバスを調べても大学全体で詩の授業が全然なくて悲しかった。批評とか小説とか、その周りのことを勉強して自分でやっていくしかないのかな。現代詩手帖を買いに行くと、いつも置いてない本屋に行ってしまう。今日は買えるといいな。この間谷川俊太郎展に行ったのだけど、展示の仕方もとても良かったのでお時間ある方はぜひ。たまたま谷川俊太郎本人がいて、本当に生きてるんだ、と思った。優しそうだった

 そういう感じであります。新しいバンドを組んだ。合宿でしか披露してないけど褒められたので嬉しかった。器用じゃないので両立してやっていけるか不安だけど、どっちのバンドも頑張りたい。あとはやっぱり曲作りが早くなってほしい、我。以上です。


1. Nazis On The Northern Line | L.A. Salami - The Prelude EP


L.A. Salami - Day To Day (Another Lazy Sunday Session)

冬景色

 もう2月も後半になった。ブログの書き出しが季節のこととか時間の流れが早いとかしか思い浮かばなくて困っている。いつもワンパターンだ。長野に4泊5日の合宿に行って、先日2泊3日の青森旅行をした。四国旅行の記事がただの記録と化したような気がして公開するのに躊躇っていたけど、今日読み返していたらかなり思い出す手助けになったので、書こうと思う。これは私のために書くブログであります。

 

qicmip.hatenablog.com

 

 2月14日〜16日、青森に行った。最初の動機としては《メーテルみたいな格好をして雪の中電車を見送りたい》だったのですが、いつの間にかそれを忘れメーテル帽を買うこともなく青森についた。3日間いた中で青い空を長く見たのは3日目の移動時間だけだった。けど、私が思い描いていた青森像は曇り若しくは雪だったので、イメージ通りでむしろ安心した。空港で今回の心強い相棒、スタッドレス車のノート君をレンタルして弘前市に向かいます。(現地移動が車だと大人になった感じがする。)

 弘前市は想像以上に都会で、パブリックアートがめちゃくちゃあった。雪で埋もれていたので芸術作品も寒そうだったけど、そんな姿でさえ芸術的!と称されるの少し羨ましい。万茶ンという太宰治が通ったとかなんとかという喫茶店でアップルパイを食べた。美味しかった。マスターがマッチョ(例えるなら美女と野獣のガストンくらいの腕の筋肉)だったんだけど、そのマスターがアップルパイをよそってくれたのかあとか考えたら愛しくなってしまった。窓から見える雪がどんどん多くなっていって、わたしたちが歩いてきた道もわからなくなってしまった。

f:id:qicmip:20180225024438j:image

 傘を買うか買わないか、などで少し悩みつつ弘前城に向かいます。冬だと青森は全然観光客がいなくていい。改修工事のため、本来の場所から移動されてなんだか小さく見える弘前城をみたりした。ここらへんはもう忘れかけている。顔はめパネルなどを撮った。雪まつりか何かの残骸の中にかまくらがあったので中に入ってみて雪の遮音性に驚いた。帰りに大雪に見舞われびしょ濡れになりながら浅虫温泉のお宿・辰巳館に着く。この旅館まじでアットホームな感じで最高だったので青森に行く際は泊まるべきです。

 夕食は豪華な海鮮。こんなに食べられない!という量を平然と並べてくるのは日本の旅館のホスピタリティか何かなのでしょうか。ちなみに私は魚が大好きなので、ほんとうに天国のような食事でございました。量が多く食べきれませんでしたが・・・。温泉に入って、外は雪で、海が近くて、最高でした。温泉に露天風呂があったのだけど、雪国の露天風呂ほど最高なものはないですね。のぼせないし。ずっと入っていられるような気がしました。

部屋の冷蔵庫の表記が可愛かった

f:id:qicmip:20180225024607j:image

 2日目。今日は津軽に行ってストーブ列車に乗るという目標があります。今回の旅は夕食しかつけていなかったので、朝食を求め青森市内の喫茶店・マロンへ。ここ、青森ナンバーワン喫茶だと思いました。全部行ってないけど。アンティークがいっぱい置いてあって、モーニングセットは安くて美味しい。東京にあったらいっぱい通ってるお店だ。たしか、青森っていう字面がかわいいとかそういう話をした気がする。それからはストーブ列車の時刻表と相談しつつ、津軽鉄道金木駅に向かうことに。道中地吹雪なのかただの吹雪なのか、わからないけどすごい大雪に見舞われたものの、無事に到着。一度車を置いてから金木駅でストーブ列車に乗った。その名の通り列車にストーブがついているんだけど、石炭ストーブの上でスルメを焼くこともできるのです!すごすぎる。とっても美味しかった。かっちゃという方が売り子にきたので、まんまとポーチを買ってしまった。

f:id:qicmip:20180225024716j:image

f:id:qicmip:20180225024813j:image

 津軽鉄道五所川原駅に着く。2本あとの電車まで町を散歩することに。この町、もう最高!これが青森だよね!という感じで時が止まってるみたいな建物が多くあってよかった。寒すぎてラーメンが食べたくなったのでラーメン屋さんを探しながら散策。お腹を満たし、うろうろと写真を撮って、また電車に乗って金木駅に戻ります。金木駅までの電車に地元の高校生が話しているのを聞いて、ああほんとに青森なんだなと感じた。なぜか。

 金木駅についてからはかなり風が強くて歩くのに苦戦しながら太宰治の生家をみた。まだ閉館時間ではないのに、もうお客は来ないと知っていたのか、館内の暖房が必要最低限になっていてとても寒かった。太宰治の生家はめちゃくちゃでかくて綺麗でした。そしてそこからまたお宿へ。この日のご飯は肉のしゃぶしゃぶと海鮮でした。この日の塩焼きがめちゃくちゃ美味しかった。あとお刺身。明朝のコーヒーサービスをめちゃくちゃオススメされたので、明日はコーヒーをいただきますと約束をした。ちなみに宿泊者は私たちを含め3、4組程度でした。

 f:id:qicmip:20180225024955j:image

 3日目。あっという間に最終日だ。辰巳館の女将(?)にコーヒーをいれてもらって、出発。今日は青森県立美術館に向かいます。時間がないので朝ごはんはコンビニです。駐車場のところにカラスがいて、黒と白のコントラストが可愛かった。鳥は寒くないのだろうか。美術館、久々に行ったけどいい空間ですよね。ほんとうに。絵は下手だし、絵を見る目があるわけでもないけど、絵を眺めることが好きです。ポストカードを買って、青森駅に移動。青森駅前は主要な駅なのに廃れていることで有名なのです。お蕎麦を食べて、青森の無法地帯・第三新興街へ。ボロボロの木造のなかには未だ営業を続けているお店もあった。名前のセンスとか、すごかったな。だれかぜひ入店してみてください。それからはノート君にガソリンを入れ、空港に行って別れを告げ、青森を発ちました。上空からみてても、東京に着いた後も、雪がなくなっていて不思議な感じがした。あと、東京がめちゃくちゃ暑く感じて電車に乗っていたら具合が悪くなった。

 青森、とってもいいところでした。人も優しいし、ご飯も美味しいし、何もいうことはないです。また行きたい。あの日からわたしの待ち受けはあおもり犬である。

f:id:qicmip:20180225024249j:image

 

長くなったのでこの際。

 自分に非があると感じて今だに言い訳まがいのことを考えてしまうような相手たちが時々夢に出る。目覚めは最悪だ。最悪というより悲しいといったほうがいいのだろうか。「まだ許してもらえないのかな」と考えている自分は一番忘れられていないということなのでしょうか。そんなことないと願いたい。美味しいものでも食べて可愛い服でも買って、元気になりたいものです。

 そういえば突然春みたいだと思った日があった。ツイッターにも書いたけど、季節の移ろいを感じると胸がぎゅうっとなって、どうしようもなく切なくなって泣きそうになってしまう。その時の私は防御力が著しく低下しているので、その温度感に似合った曲とか本を読むとすぐ泣いてしまうのである。自己統計上、春の始まりと夏の終わりが一番切なくなるので、これからの季節には注意が必要である。ひぃ、また1年が始まるのか、恐ろしい。

絆創膏

 気づけば年が明けて1月もたってしまった。はやい、はやすぎる。1月中に1つくらい更新しようと思っていたのに。先日、実家に帰った時コンタクトレンズもメガネも忘れてしまって、ずっと視界がぼやけていたのですが、実家に帰ったことさえも夢だったのではないか、というような錯覚に陥りました。そんなこともないのですが。最近は実家に戻りたくて仕方がないです。

 春休みになってしまいました。恐ろしい。1年生がおわりました。信じられません。テスト勉強をがんばっていたら今期のドラマをひとつも終えていなくて悲しいです。『anone』『アンナチュラル』はマストなのに・・・・、あわよくば前期のドラマも見たい。レコーダーが家になくて最高に不便です。

 ・・・・ほんとうに書き方が思い出せない。

f:id:qicmip:20180201214328j:image

 ツイッターのアプリを一度消したら下書きが消えてしまって悲しい。結局世につぶやかれもしなかった私のツイートたちは、陽の目を見ることもなく、消えてしまったわけです。ごめんな、泣かないでくれ。

 悩み事が耐えなくて、日々、つれえ、と思っているのですが、みんなもそうですか。そういう時、皆さんは何をしますか。映画ですか?音楽ですか?ああ、人ですか?22になった今でも上手な対処方法がわからずにいますが、これはずっと私の課題としてのこるのでしょうか。つれえ、と今また一つ悩み事が増えた次第です。

 2月は合宿に旅行が2つあって、お金がなくなりますが思い出は増えそう。何かに臆しながらいつもステージにあがってしまうので、今回からはなににも臆せず堂々と歌を歌って、曲を作っていきたいです。そんな感じです。次回からブログもがんばりたい。